perfection of mind ~自心に究極の輝きを~

生まれ育った地域の中で、「障害」児・者が共に生き、学び、育ち、それぞれが尊重され、誰もが、幸せを感じイキイキ活動できる地域になることを目指し活動して行(生)きます。

病院・施設

発達しょうがいその診断について考える

「自分の中の普通が、その社会の普通とズレていることを 嗤われるのは、もう嫌だった。つきつけられるのも嫌だった」 福岡市で1月、そんな遺書を残し20歳の女性が命を絶った。 対人関係の難しさや感覚過敏などを抱え、短大卒業を前に 社会にでる不安を深…

つき合っていきたい言葉

usasin77.sakura.ne.jp ずいぶん前に“人権講座”でお話を聴いたことがあ る。 熱血な体育教師だった先生が脊髄損傷によって人生がかわったお話。 “命の授業”腰塚勇人さんのお話・・・ その方の言葉です。 日々の自分の生活を振り返って 自分が日々どんな言葉…

入院!できること?できないこと?知らないこと?

子どもが入院するとき・・・って どなたも大変ですよね?? 特に全介助のお子さんで きょうだい児がいる場合の付き添い入院の悩みで 少し前に集まったことがあった。 しょうがい者の方は重度訪問介護が利用可能になったのだが しょうがい児の適用はないとい…

ペットの“死”から ~ “死”を考える ~

ペットの死・・・ うちの子どもが最初に出会った“死”は飼い犬がなくなったときだった。 1番下の子が生まれたばかり・・・ 上の子(知的しょうがい)は、10歳だった。 小学校の4年生。 出産による病気でお腹の子も母体も危険になり ゴールデンウイークの最…

相談・申請 ~ どうやったらいいのーーー ~

仕事の特性上、相談を受ける件数は数が多い。 ご本人、保護者、教員、行政、学校・・・ 最近はĀDHD・LD等発達しょうがいの方達とのかかわりも増えてきた。 先日、福岡に越してきて 現在、就労継続支援事業所に通っている30代後半のご本人の しょうがい者年…

自分のコアってナンだろう・・・

自分の心の中の“中心”コアを考えるとき・・・ 今、自分がなぜ福祉にこだわっているのか? なぜ、好きだった学校の仕事を “もう!おしまい”にしたのか 理由は、いろいろあった。 けれど、心の奥底の小さな疼きのようなモノ・・・ それは、やはり第1子の娘の…