人気ブログランキング https://blog.with2.net/link/?1993112https://blog.with2.net/link/?1993112

福祉・介護ランキング
障がい者ランキング
障がい児育児ランキング
子育て支援ランキング 友だち追加

perfection of mind ~自心に究極の輝きを~

生まれ育った地域の中で、「障害」児・者が共に生き、学び、育ち、それぞれが尊重され、誰もが、幸せを感じイキイキ活動できる地域になることを目指し活動して行(生)きます。

素直に『聴く』って最強

一緒にいる人を選ぶとき・・・

お互いの温度感って大事・・・

 

何かを一緒にやるとき・・・

自分の信念や熱い思いを持っていない人は・・・

結局・・・困難な局面で簡単に手のひらを返すっていう可能性があります。

何かを成し遂げようと目的をもっているときは特に・・・

真の仲間や信頼できる人間関係を築くためには・・・

お互いの温度感を確かめることってとっても大事なことだと思います。

ここズレてると・・・結構疲れっちゃいますよーーー(笑)

 

そしてモノごとに真剣に向き合っていくと・・・

たくさんお互いのいいとこもできてないことも・・・見えてきます。

そして・・・本当に一緒にやって行きたい・・・

ここを一緒に乗り越えていきたいって思う人には・・・

やはりわかるようにとことん説明したり・・・とことん突き詰めて話をしたり

していきますよね・・・

叱るってことではないのだけど・・・

中にはそうとることもあるみたいですが・・・

でもこれって・・・本当にあなたを思っている証拠です。

うるさいなあーーー細かいなーーーと思ってしまうかもしれませんが・・・

子どもの時ならともかく・・・大人になって

真剣に向き合ってくれる存在は貴重ではないですか?

きちんと向き合ってとことん話してくれるなんて・・・

相手の時間をどれだけ奪ってる・・・時間を使わせてることだと思いますか?

ここを素直に受け入れることで大きく成長し・・・

ここを受け入れる器を持つことで・・・より素敵な絆が深〇っていうものです。

 

私も経験上・・・

『まずは素直に話を聴く』ってこと・・・

実践する中で・・・人生だいぶん得してきたーーーって感じます。

自分の価値観だけに縛られると、大きな飛躍は見込めません。

私は迷ったら・・・

そく・・・3人くらいの人に意見を求めます。

私の考え方やとらえ方とどこがどう違うのか?一緒なのか?

ってとことん聴くんです。

そして・・・そこから自分の答えと照らし合わせて・・・より良いを

選択していく・・・『聴く』って最強だと私は思っています。

 

そして今の時代・・・時代の変化が速くて・・・

分からないことっていっぱいありますよねーーー(笑)

歳をとると・・・一生懸命、勉強をしてても『わからない』

『ついていけてない』ってことって・・・いっぱいある・・・

こんな時・・・若い人たちの言葉や今の考え方思ってること

ここも『聴く』ってとっーーーても大事だなーーーって思うんですよーーー

私たち昭和と平成の子の考え方・・・まーーーこれは・・・まだ・・・

子ども世代も含めてなので・・・

まーーーまーーー近づいていけるんですが・・・(笑)

平成も中盤から後半になるとねーーーやっぱり・・・わからないこと多し・・・

だからですねーーー(笑)

だから素直に謙虚に『聴く』って大事なんですよーーー

私もいつも・・・発達しょうがいの子達の面白い発言にも・・・

わーーへーーーほーーーーって笑っちゃってる・・・

自分とは全く違う価値観って・・・面白いの・・・ねーーー

ってか・・・面白がれるようになってきた自分って・・・器広がったなーーーって

感心したりなんかして・・・(笑)

そう・・・他人のアドバイスを素直に聞き入れることで、

新たな視点が開け、もしかしたら自分の知らない可能性がぐっと広がったり

なんかしちゃって・・・

 

もーーー新しいことを知って・・・ぐんぐん学べるのって

んーーー至福!!楽しいですよーーー

 

働き方改革っていったい誰のため?

働き方改革って何んために必要だったんでしょう?

なんだか・・・自分たちの権利ばかり主張して・・・

変な感じになっている?って感じることがあります。

 

働き方改革って労働者の権利を守るってことは・・・

改革ではなくても・・・なくてはならないものだと思うのですが・・・

なぜ??ここを政府が打ち出してきたのか??

これって・・・もうすでに・・

遅いくらいなのではないか?って思うのですが・・・

 

要は日本が世界で最初の超高齢化大国になるからですよね?

もうすでに2020年から日本は世界第1位になっています。

これって・・・どういうことを意味しているのか?

んーーーいい言葉で言うとしたら・・・

日本は世界の最先端を走る高齢化の先進国?って言うんでしょうか?

要は世界が日本の高齢化社会をどう乗り切っていくのか?って

注目をされているってことになりますかねーーー??

これからも・・・順位が入れ替わるなんてことはなく・・・

あっとーーー的にトップの座を走り抜けていかなくてはならないんですよ・・・

 

要は経済をどう回していくことが不可欠なのか?

ってことになってくるかと思うんですが・・・

今だって・・・経済状況って・・・物価は上がり・・・

給料は・・・上がるどころか維持できればいい・・・って感じで

平行線・・・って感じの人が多いのではないでしょうか?

2000年までは・・・

なんとか世界水準で世界2位くらいだったと思うのですが・・・

2012年あたりには世界13位・・・確か今では・・・

24位くらいだったかな??

円安が進んできた・・・って事が大きな要因の第1位であるとしたら

その他の理由は・・・

世界が成長する中で・・・日本は成長しなかったから・・・

ここが大きな要因・・・

 

だって・・・今の経済状態では・・

若い人たちは自分の身を守るだけで精いっぱい!!って生活をしてて

なかなか結婚なんて・・・考えていかない・・・っていうか

想像ができないって言いますよねーーー

 

まーーー支えあうってことで・・・結婚はしても・・・

子どもって考えられるかなーーー??って思うんですよね・・・

子育てって時間もお金も労力もかかるわけですよ・・・

そのうえこの物価高に先行きの見えない経済状況・・・

なかなか・・・勇気のいることになってきますよねーーー

社会の中で仕事も子育ても夫婦で一緒に同じようにする時代でもあり・・・

仕事の休日はあっても・・・

子育てに休日はありません・・・

子どもは日々成長するので・・・

そこに親もついていかなくてはいけないし・・・

時間もお金も労力も・・・常にフル稼働・・・って感じになってきます。

職場も理解あるところもあれば・・・後ろめたい・・・

そんな風に感じざるを得ない・・・そんな職場もあるでしょう・・・

 

若い世代にも働きやすい職場・・・

そしてシニアの方々も・・・今までのご苦労をねぎらいながらも

今までのノウハウやスキルを活かしながら・・・

若い方と共に手を取りながら・・・お互い支えあう・・・

みんなが共生できる社会を目指していかないと・・・

これからってきっと・・・立行かなくなるでしょうねーーー

 

働き方改革・・・・これって・・・

1人1人の問題だから・・・ホントしっかり考えていかなくては

いけませんねーーー

 

 

 

 

 

 

 

できるばかり表ばかりを見せない方が楽ちん!!

「私ってうっかり屋さんなんですよーーー」

って言ってる人・・・

(・∀・)ウン!!うんうん!!

自分にミスが多いなーーーって感じる人だったら・・・

それ常に

「私ってうっかり屋でねーーー」とか

「私ってちょいミス多いから・・・教えてねーーー」とか

行っておく方が・・・いいですよねーーー

 

見た目しっかりして見える・・・バリバリ仕事人間に見える・・・

だけど・・・実はねーーーってとこ・・・

 

後で・・・

「えーーー」ってならないためにも・・・いっておいた方がいいです。

 

私も周りからよく

「仕事早いですもんねーーー」とか

「なんでもてきぱきやりますもんねーーー」なんて言われますけど・・・

良く言ってるのは・・・

「早いだけで・・・漏れが良く・・・あるからよろしくね」

「早いけど大雑把だから・・・細かいとこ気づいたら教えてんね」

とか・・・ちゃんと告知しています(笑)

 

「障害」児者関係やコミュニケーション、コーチング、

マコンサル、マネジメント関係は割とできる方だと思うけど・・・・

ビジネスは・・・構築したことないから・・・全然初心者・・・

ってことも・・・

 

私は自分が信じて投資してきた学びや時間やお金・・・

そこで勝ち取ってきたことはズレることは嫌なので・・・

けっこ―――厳しく求めていきますよーーーってことだったり

よって・・・

私のところに「障害」児のママとか・・・話にくると・・・

言葉や表情は穏やかで話もしっかり聴いて・・・

この人にはここまでは大丈夫!!

この関係があるからここまで強く言ったらな!!わからんなーーーとか

心の中で吟味しながら・・・

で・・・表情を変える!!ってこともあるんですよ・・・(笑)

これは・・・子ども達を教えるときも一緒です・・・

 

主に何らかの生きにくさを抱えている子達が来るので・・・

んーーーコの子は・・・今は・・・この段階ではない・・・

あーーー今ガツンと言わなわからんなーーー

これって表情変えて怒ったらな行かんなーーー

ここは・・・自分や家族とむきあわせなやなーーー

これ・・・この歳なら・・・ここまでは引き揚げたらなやなーーー

この子の子の強み気づいていらっしゃるかなーーー

 

子どもを見るときは・・・

やはり・・・「伸びしろ満載」って思って見っちゃいますねーーー

 

よって子どものころからの「親子コーチング」って力を入れてます。

 

でも・・・大人になったから・・・ダメですか?

ってことはないない!!

大人になった「発達しょうがい」の子どもとやっと向き合うってことが

できるようになった保護者もいらっしゃいますしねーーー

全ては「向き合う」ってことから始まるんですよーーー

この子の今までのことこれからのこと・・・お

「遅い」ってことはない・・・気づいて変わろうって思ったときが

一番早いんですから・・・

そこから「考動」を決めていくだけなんですよーーー

 

今目的に向かって頑張っている20代後半の彼は・・・はっきりと

「今を崩したくない」

ってはっきり言えるほどの目標を見つけています。

数か月前までは・・・引きこもり宣言を保護者にしてからの

今の変貌です・・・

 

エネルギーがたまれば人は動ける・・・

強みやできるがわかれば・・・人はイキイキと顔つきも変わります。

 

ここが苦手・・・ここ・・・うっかりさん・・・

みんなみんな・・・もってますよねーーー(笑)

 

私も・・・さすが・・・って思ったこと・・・があってーーー

この発達しょうがいの彼の味覚を試すために

何も言わずに・・・ちょっとの酢を入れてみたんです。

そしたら・・・ちゃんと・・・わかって・・・いったこと・・・(笑)

「大島さんは・・・大雑把なとこがあるから・・・

うっかり・・・なんかやっちゃってませんか?」

って・・・

 

ここで彼の味覚が合格なのがわかりました・・・

で・・・彼の本音も・・・(笑)

人は他人から支えてもらって生きている・・・

ホントーーーに実感です!!

 

 

 

 

「ありがとう」の言葉の意味

あなたは・・・日頃から自分が使う言葉って・・・

気を付けているでしょうか?

特に・・・人への感謝の気持ちって結構

当たり前になっていて・・・

日常の中で・・・なかなか使えていないってこともあるかもしれません。

特に身近であればあるほど・・・

お互いが空気のような存在になっていて

感謝ってこと・・・忘れがちなのではないですかねーーー

私もなかなか・・・家族には・・・まだまだ感謝の言葉って

少ないなーーーって常に自己反省しています。(笑)

 

ありがとうって言葉には自分に対する言葉かけの意味もあるのだとか?

 

あることが難し(難しい)

 

生きていくということは・・・困難がつきものだよ・・・って事

楽な道と困難な道があったとき

人は楽な道を選びたがる・・・って事も大いにある・・・

でも・・・今・・・この時・・・

この目の前の楽を選ぶか?困難を選ぶかで・・・

これからの長い人生の先行きを見越したときどうなのか?

ってことなんですよねーーー

 

どれだけの伸びしろがあるのか?見通しは?将来性は?

 

困難な道を選ぶ選択って・・・

例えばプロを目指すスポーツ選手、研究者、専門家・・・

どの方をとっても・・・きっと「困難な道」を選択されている

って思います。

この努力、継続、困難を乗り越えていけば・・・

例えば輝かしい栄光や世に認められる実績・・・ってまでには

届かないこともあるかもしれませんが・・・

 

それでも必ず!!これは絶対!!

 

困難を乗り越えた数だけ人は必ず成長し力がついてきます。

 

この事実を知っている人は・・・

困難や目の前に現れた巨大な壁に感謝し・・・

進んで困難な道を選択するかもしれませんね・・・

 

私は今・・・ビジネスというか?数字にも向かい合う管理者として

法人を回す仕事もしています。

その際・・・今まで法人が歩んできた通りの

『楽な道』を進めば・・・変化も少なく

大きなこともおこらず・・・無難にやり過ごしていける・・・

平坦な道が続いていくことでしょう。

でも・・・その道にはきっと・・・

新しい発見やワクワクすることや・・・収入アップの道などに

出会うことはきっとない・・・

あるかもだけど・・・そんなに心躍るようなワクワクするような

そんな案件に出会うことって・・・きっと少ないって思うんです。

・・・って事は・・・

得られるものの少ない道になってしまうでしょう。

 

私は・・・そんな道ってつまらないって思ってて・・・

 

今目の前に見える道の先が不透明で・・・何なら・・・目の前には

大きな「赤字」って大きな壁があって・・・

「あーーーんーーーー」って思うんだけど・・・

でも・・・ジーーーって眺めた後は・・・

「どうやって進んでく?」「どうやって乗り越える?」

「ここを迂回する方法ってある?」

って・・・考えていく方が・・・

楽しくない?ワクワクしない?って思っちゃう・・・(笑)

 

そうそこには私1人ではなく・・・一緒にやろう!!って思ってくれる

そんな仲間がいるから・・・1人ではできなくても2人3人・・・

人が集まれば・・・きっとできる!!

困難がある・・・そこに「ありがとう」って言いながら・・・

今日も楽しんで生きていけることに感謝!!

本当に日々に仲間に環境に・・・「ありがとう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリッド~やり抜く力を鍛えるためには~

gritって聞いたことがありますか?

ビジネスをやっている人なら・・・

割と良く知っている言葉なんだそうですが

これを提唱したのは、ペンシルベニア大学教授のアンジェラ・リー・ダックワース氏

心理学者であるダックワース氏は・・・

「人生において成功の鍵を握っている能力とは何か?」

という研究に取り組んだ一人なんだそうです。

コンサルティングファームを経て教師になったダックワース氏は・・・

その経験から、IQが高くても成績が良いとは限らないこと・・・

IQが低くてもgritがあれば優秀な成績を収めている生徒がいることに

気が付いたそうです。

そこで研究者として成功している人の共通点についてまとめていく中で

専門的な調査と研究を行った結果・・・

成功のために必要な要素として

「何事にも諦めずに長期間忍耐強くやり抜く能力」

が大切だというgrit理論にたどり着きました。

このgrit理論が特に注目されている理由は・・・

努力や継続の重要性が科学的根拠を持って述べられているからです。

成功するかどうかは、生まれ持った才能や環境によってのみ決まるのではなく

grit=やり抜く力が重要であり・・・それはなんと・・・大人になってからも

トレーニングによって後天的に伸ばすことが可能だということを・・・

ダックワース氏は提唱しています。

事実、成功を収めている経営者や有名人、スポーツ選手などの多くが

努力を積み重ねる大切さについて語っていますしね・・・

特に国民性として・・・

苦労や努力を美徳として捉えることの多い日本では・・・

なんだか親和性や納得感の高い概念かもしれませんね・・・

グリッドの強さをはかる指標として

グリット・スケールというものがあります。

 参考:『やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』   (アンジェラ・ダックワース著、神崎朗子訳、ダイヤモンド社)

このグリッドスケールは「情熱」と「粘り強さ」によって構成されており・・・

10項目の質問のうち、奇数の質問が「情熱」

偶数の質問が「粘り強さ」を測る質問で構成されているそうです。

それぞれのスコアを自分で出すことも可能ですので・・・

ぜひやってみてください。

また、このグリット・スケールは・・・

あくまで現在の自分がどのような状態にあるのかを測るものです。

「情熱」や「粘り強さ」は・・・いつも一定である・・・って事はないので

そのとき・・・置かれているご自分の状況や気持ちによっても変わるものである

ということを知っておいてくださいね。

でもこのグリッドって生まれ持ったモノではないため・・・

トレーニングによって高めていくこともできるそうなので・・・

何だかうれしくなりますよね・・・

私も・・・グリッドの鍛え方って・・・

ずーーーっとやってきたので・・・今では自然にやれるようになりました。

でもなかなか1人では無理なので・・・「環境」も十二分に活用しています。

くの人は「才能がないから成功できない」とカ・・・

考える傾向があるのではないか?って思います。

何を隠そう・・・私もその1人でした。

しかし、人生における成功者の多くは・・・

長い時間をかけて努力を積み重ね、何度も失敗や困難を乗り越え・・・

粘り強く続けてきたやり抜く力の結果なのです。

「やり抜く力」が強い人ほど、成功を掴みやすいというだけではなく・・・

精神的にも健康な生活を送ることができることから・・・

自分の人生における幸福感にもつながっているともいわれています。

gritは大人になってからもトレーニングによって伸ばすことのできる能力です。

ご興味がおありでしたら

ぜひ・・・チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「障害」児者~「謙虚」であっても「卑下」はしない~

私は・・・常に「謙虚」であり続けたいと思っています。

どんな時も・・・

ずーーーっと子どもを産んできてから・・・特に深ーーーく感じる

人様に助け続けられて生きてきたから・・・

日々に感謝し・・・私が今までみなさまのおかげさまで

やってこれたこと・・・

そして・・・自分の今まで生きてきた人生を

きちんと見直せるようにやってこれたこと

自分の時間とお金と情熱をすべて子ども達のための

経験や体験や学びに投資し続けてきたこと・・・

人生の後半・・・もう過ぎて・・・

そこを「謙虚」に「実直」にお返ししていかなくては・・・と

しみじみ思っています。

 

私が相当時間をかけてやった来たこと・・・・

本当に半分以下の時間でやれる・・・って事

教えられる・・・

時間は決して戻ってこないし・・・お金で買うこともできないから

特に一番意識して使って行かないと・・・もったいないから・・・

 

昔の自分は・・・とても「卑屈」な人間だった・・・

できる気がしない・・・うまくいく気がしない・・・

だって・・・どうせ・・・私だから・・・

そんなことよく言ってたの・・・自己否定が強くって・・・

自分をきちんと整理したり、みようともせず・・・どこか・・・諦めてる

そんな感じだった・・・

できないの数を探して・・・「できる」って事や・・・

「私の中の可能性とは?」って考えたこともなかった・・・

 

でも・・・そこを「私にもできるかも」

「私がやらなくてどうする」「時間は待ってはくれないんだ」

って奮起するきっかけを先輩方からたくさんいただき・・・今がある・・・

そう・・・むやみに自分を卑下して自己肯定感を爆下げするより・・・

 

「謙虚」に他人も自分も見下さない・・・自己肯定感をお互いにあげながら

やって行かなきゃって・・・

 

今は自己否定の強い人や自分を卑下する利用者さんなどに・・・

「自分は残念賞」「私には無理でしかない」

「私は外れくじ」「私はここまでの人間」

そんなことを言う方たちに・・・

早くそこから脱出できるワーク等をしてもらっていたりして・・・

長年否定続きの人は・・・すぐには変わらないけど・・・

良くなったり戻ったりも繰り返しますしねーーー

でも・・・1日5分続けていくことで・・・大変!!ってことはなくなって・・・

親子共にスムーズに取り組んでいただけたりして・・・

確実に成果が上がっていくんですよーーー

子どもだけが取り組むのではなくて『親子で共に取り組む』が・・・

最も重要なことなんですよーーー

一緒に成長していかないと・・・進む回転がいびつになるからです。

来てるときはできても・・・自宅でもやらないと・・・

すぐに戻ってしまいますからねーーー

 

だから・・・忙しい保護者のみなさんには1日5分でできる課題しか言いません。

長くすることは・・・続かないことが多いから・・・

スモールステップで「できる」を積み重ねていってほしいんですよねーーー

 

でも・・・これで「卑下」とはさよなら(@^^)/~~~ですからねーーー

ぜひ・・・スモールステップでも上がって行きたい!!

卑下から抜け出す親子でありたい!!そう願う人は・・・ぜひ・・・

お問い合わせくださいねーーー

 

 

 

 

 

 

人はみな人から必要とされることを必要としてる

人は、みな人から必要とされることを必要として生きている。
 
これは、何かの研修で聞いた言葉です。
 
誰もが認められたい、必要とされたい、誰かの役に立ちたいと願っている。
それは「障害」児者だって一緒です。
 
「ありがとう」「あなたのおかげです」「助かった」
「あなたがいてくれてよかった」
 
誰もがそんな風に思われたいと願っている・・・
これを『実存的欲求』って言うそうなんですよネ・・・
 
重要なのは、誰の心にも栄養が必要ってことですよね・・・
私はこの栄養をコップの水に例えるお話を聴いたことがあります。
 
誰も心の中にはコップがあり・・・このコップの中には水が入っている
そして、私たちは日々このコップの水
を使って生活をしている。
勉強、運動、学校、仕事、人間関係・・・そこにいつもこの水を使っている、
使っていくと水はどんどん減って行くでしょう?
でもこの水は減るって事ばかりではない・・・
この水を使うと同時に、私たちは・・・
周りの人たちに認められたり、喜ばれたり、感謝されたり・・・
親から愛情を受けたりして自信や自尊心が高まって行って・・・
自分自ら心の中から湧き出てくる水を・・・実は補充していっているのです。

よって・・・私たちの心の中のコップは、
いつも自信の水?自己愛に満ちた水が満たされている。
これが心の発達・・・成長ににつながっているって言えるでしょう。
 
人はみな1人では弱い・・・誰かを感じていたいし
誰かに存在を認めてもらいたい・・・
 
良く・・・「死にたい」って言っている人に
「命は大事!!」「命はたった1つ」
なんていうけれど・・・
 
でも・・・本当は
「あなたが大切」「私はあなたが死んだら悲しい!!」
って・・・自分自身を認めてほしい!!って思ってると思う
って誰かが言ってた・・・
 
そうだよなーーーって
「私には」「私たちには」「○○さんには」
そんな・・・主語が・・・ついてほしいんだよなーーー
 
自分が自分である。。。って自信が欲しいって言うかねーーー
 
それは・・・「障害」児者の子達に関わっていても・・・
いつも思うこと・・・
 
「私ここにいるよ」「私のこと。。。見てよ」
「私もここまでやれるんだよ」「こんなに楽しくやってるんだよ・・・」
 
たくさん自己主張して・・・表現して・・・笑って泣いて・・・
どこでどう自分は必要とされているのか?って・・・
いつも周りをしっかり見てる・・・
 
私はこの子達に・・・いつも自分の心の水を満タンにしてきてもらった
時には先輩方から・・・
「コップの水が濁ってる・・・ひっくりかえせーーー」
って言われたこともあった・・・
「コップが汚れてるんだ・・・磨いて出直してこい」
って洗礼を受けたこともあった・・・
辛くて苦しくて・・・どこかコップのひび割れができて・・・
水が少しづつ減ってしまっていってる・・・そんな経験もあった
 
だけど・・・そこに寄り添い温かい手で修理をしてくれる人もいて
そんなこんな・・・あれこれ・・・経験を重ねていくたび・・・
落としても、投げても壊れない頑丈な「自信のコップ」に変わっていった(笑)
 
だから・・もう今は大丈夫!!
このkpっぷの作り方・・・いつでも教えられる・・・
ここまで頑丈にならなくても・・・タプタプコップの水がいつも
あふれんばかりになる方法って・・・
案外簡単だから・・・wwwwww
 
聴きたい方は・・・いつでもどうぞ・・・
 

「障害」児者~メンタルは強い?弱い?~

「障害」児といわれる・・・

お子さんのメンタルってどうですか?

うちの子・・・重度「障害」って言われる部類らしく(笑)

知的にもA2で・・・口唇口蓋裂もあって・・・耳も・・・

少々遠いんですよねーーー

でも・・・この子の『メンタル』って・・・私は・・・

小さなころから・・・鬼強い!!って思っています。

 

この子達にとって「メンタル強い」ってあった方がいいなーーーって

思いませんか?

だって・・・ただでさえ・・・人と違うところが多い!!ってことで

ジロジロ見られたり・・・できないって笑われたり

遊んでもらえなかったり・・・馬鹿にされたり・・・

・・・って多かれ少なかれ経験して・・・行くはずなんですよーーー

実際うちも・・・そうでした・・・

そのたびに・・・私は深く傷ついて・・・立ち直れないくらい

落ち込んで・・・泣いて泣いて・・・って事もありましたもんねーーー

 

だから「メンタル強い」って・・・子どもについてほしいなーーー

って思っていた力の1つでもありました・・・きょうだい児も含めて・・・

 

だからまず私が・・・

「いつでも聴くよ」「私はあなたの味方」

「あなたを信頼してるよ」

っていつも思っていました。

 

「できるできる」「大丈夫大丈夫」

「失敗なんてへっちゃら」「やったことがすごい」

って感じ・・・

あれこれマイクロマネジメントしたり・・・

あーーーだこーーーーだアドバイスしたり・・・指示したり・・・って

あまりしてこなかったですねーーー

「やりたいようにやった見たら・・・」スタンスでした・・・

だってーーーやってみなくちゃわかんない・・・

特に「障害」児の子どもには・・・何がどういいのか?なんて

正直・・・手あたり次第やるしかなかったんですよーーー(笑)

 

失敗なんて何度したっていいじゃあないですかーーー

死にしないんだし・・・これはできなかった!!

・・・って経験が増えるだけですからねーーー

できる方法が見つかるまでやってみればいいし・・・

もそもできなかったら・・・会費できる方法を探せばいい・・・

・・・ただそれだけではないですか?

命の危険がない限り・・・親はぐっと我慢して見つめている・・・

そんなことって・・・子どもの成長のためには必要なんではないですかねーーー

 

彼女らの挑戦を・・・

「危なくない?」「ちょっと無理なんじゃあない?」

「今回はやめといたら・・・」

孫あことをやっていたら・・・「メンタル」なんて・・・

激弱い子になっちゃいますよーーーー

 

私たち親は・・・失敗を乗り越えた時・・・落ち込んだ時・・・

しっかり関わっていく・・・そんな方法をしっかり学んでいきましょう。

 

でもでも・・・ちょっと気を付けるポイントもあります。

挑戦って素晴らしいんだけど・・・特に傷つきやすいお子さんは・・・

挑戦のレベルを調整してあげてください・・・

高ーーーいハードルをいきなり飛ばせないで・・・

まずは・・・スモールステップの挑戦から・・・取り組んでみてくださいねーーー

 

親はちょっと苦しかったり・・・んーー我慢ってことも多いけど・・・

親同士励ましあって乗り切っていきましょう・・・

 

あなたのお子さんのメンタルは・・・いかがですか?

社会自立に向けて鍛えていってますか?

 

子どものコンプレックスって誰が作る?

私は小さなころから「コンプレックス」の塊でした。

それって・・・なぜかなーーー???いつからなのかなーーー???

って回想するとき・・・

やはり幼い子どもが感じる「コンプレックス」を植え付ける

その原因って言うのは・・・

やはり「周りの大人」それ以外にないって思うんですよ・・・

「コンプレックス」の原因って・・・

周りとの比較の中でしか出てこないって思うんですよねーーー

私の最初の物心ついての「コンプレックス」は・・・

『体が弱い』ってことでした。

光化学スモックのまちで育ったので気管支が弱く

良く気管支炎になって喘息のような症状になって

病院通いってことが良くあったいたみたいでした。

 

そのほかにも結構・・・病院ってかかっていたみたいで・・・

「あなたが行ったことがない病院は産婦人科くらい」

って言われていました。

「病院代ばかりかかる体の弱い子」それが私が認識した最初の私でした。

よって・・・体も小さく痩せ気味で・・・貧弱な体つきにも・・・

だんだん自分の中で『コンプレックス』になっていったかなーーーって思います。

習い事をあれこれやらされていた時期もありました・・・

自分で「これがしたい」って言って始めたことは・・・ほとんどなかった

って思います。

でも・・・どれも・・・長く続かなかったかなーーー

先生がいらっしゃらなくなったり・・・やめられたりして・・・

次の先生で・・・ってなると・・・んーーーなんだかそりが合わなかったり

んーーー人見知りだったから・・・人なれしにくかったのかなーー

とも思いますが・・・

 

「なんでも中途半端」「何も長続きすることがない」

これが次に私についたレッテルだったかなーーーって気がします・・・

「こんなにさせてやってるのに・・・」

そう言われていったっけなーーー

 

負の感情が湧き上がってくると・・・

そこからは・・・もう「負のスパイラル」です・・・

言われることすべてが・・・人と比較されたり・・・

比較されていると感じたり・・・

 

「私はできない子」「落ちこぼれ」「ダメな子」

そんな言葉が私の中に蔓延していたと思います。

自分に自信なんて1ミリもありませんでしたし・・・

なんかイキイキ子どもらしく・・・って事も周りの友達を見ながら

「うらやましいなーーー」って思っていました。

 

勉強もスポーツも何にもできない・・・体が弱くて・・・小さくて・・・

なんの得意も強みもない・・・

自己肯定感?自己有用感?そんなものはほぼ皆無でしたよねーーー(笑)

「どうせ私なんか」っていつも思っていました。

 

だから私は自分が母親になったら・・・

子どもにはのびのびと自由に・・・そうだなーーー

アルプスの少女ハイジのように・・・子どもらしく・・・なんで?

どうして?これやりたい、あれやりたい・・・って・・・

なんでもやったらええがなーーーってやらせる!!って誓ってました。

・・・が・・・なかなか子育ては思ったようには行きませんがねーーー(笑)

 

でも・・・自己肯定感や・・・自己有用感って下がるようなことは言わない

って。。。気を付けていたつもりです。

子どもに言わせれば・・・まだまだでしょうけどねーーー

 

みなさんはいかがでしょうか?

知らず知らずのうちに・・・子どもに自己肯定感や自己有用感が

下がってしまうようなそんなこと・・・

やってしまっているかもしれません・・・よ

気を付けていきましょうねーーー

 

 

 

今ではおおらか?そこには今までの・・・

私は子ども達に対して

「おおらかですねーーー」「寛容ですねーーー」

なんてよく言われる・・・(笑)

 

でも・・・これも頑張って頑張って・・・身に着けていったんですよーーー

たくさんマインドやその他,

学びにも行きましたしねーーー(笑)

なかなか・・・当たり前には身につかないですよーーー

だって・・・人って『楽』を選ぶように設定されてるし・・・

自分を律するって・・・律する環境に行かないと・・・

指摘してもらわないと・・・なかなか変えることって

難しい!!って思います。

何度も律してくれる方に接触していかないと・・・戻るんですよーーー

忘れるんですよーーー自分を甘やかしてしまうんですよーーー

 

無料の講演会にいったり人から誘われた無料講座に行っても・・・

所詮無料は無料なんですよーーー

心のどこかに

「無料だから・・・」「タダだしねーーー」

「なんか少しでも気づきがあればOK!!」

みたいな・・・

心のどこかに・・・甘えが出るんですよーーー

「まーーー仕方ない」「所詮ここまで・・・」みたいな・・・

 

私は・・・まあまあ大きな金額を使うとき・・・

やはり・・・

元とらなきゃって・・・なんか思っちゃう・・・

例えば・・・美容室で結構お金をかけた時・・・

美容師さんに・・・たくさんお話を聴きますねーーー

対価を払ってる時間って自分の時間なんだから・・・

 

「髪の調子がこんな感じなんだけど・・・」

「おすすめのブラシとかありますか?」

「市販のシャンプーとかについてなんだけど・・・」

「社内研修と科今どんな感じでやってるんですか?」

「人材育成で課題とかどんなことがあるの?」

とか・・・

 

割と突っ込んで髪のことから経営まで・・・聞いちゃったりします。

そして帰るときには・・・

「あーーー金額以上の費用対効果だったなーーー」

って思ってるんです。

んーーーなんか使ったお金に対して・・・

「もうかっちゃったーーーー」って感じかな・・・

 

今は特に・・・時間にケチになってる・・・かなーーー(笑)

タイムパフォーマンス・・・タイパをあげるってことって

年齢も年齢だから・・・もーーーちょーーー意識してるし・・・

もーーー自分の時間は、もちろんのこと・・・

他者に時間を取っていただくことも

もーーーとっても大事にしています。

有難いから大切な人だから・・・大事にしなきゃですよねーーー

 

だから・・・私は要領よくまとめてる有料講座とか

1年間限定の○○について・・・例えば話し方、マインド、

リーダーシップ、マネジメント、福祉、コーチング、コンサル、カウンセリング

様々お金を払って習ってきました。

メンター・・・先生のもとに行ったんですねーーー

いいことも・・・あーーーここはーーーって思うことも・・・

んーーーって思うこともあったけど・・・

それもこれも全部全部・・・血肉に変わってきたなーーーって

今は思えています。

最初は「無駄だったかなーーー」「捨て金?だったーーー」

って思ったこともあったけど・・・

そんなこともわからなかった自分の浅はかさなんだーーーって

また学べて・・・

「あーーーコスパ100倍」って思うこともあったり・・・

だんだん見極められるようにもなってきました。

 

タイパをあげたいなら・・・習う!!これが手っ取り早い!!

・・・で実践させてもらえるところ・・・やってるかやってないか?

管理してもらえる?っていうか・・・報告しなきゃなとこ・・・

ホント・・・使えます。(笑)

 

この歳になってもやっぱり習って勉強してます。

管理職になってくると・・・人やお金、環境を任されるわけですから

勉強しないなんて考えられないからですねーーー

時代の流れも速いしですねーーー

本当は・・・ワクワクだけで動きたいのですが・・・

どうも筑地区の痛みの方が・・・ぜーーーったいに動くことは間違いない!!(笑)

少しくらいのリスクを取りながら・・・ぜひ・・・子ども達の未来のために

動いていきましょう・・・

ぜーーーたいリスクはとらない!!プラスに変える!!

その意志が・・・すべてを変えていきますよーーーきっと!!