人気ブログランキング https://blog.with2.net/link/?1993112https://blog.with2.net/link/?1993112

福祉・介護ランキング
障がい者ランキング
障がい児育児ランキング
子育て支援ランキング 友だち追加

perfection of mind ~自心に究極の輝きを~

生まれ育った地域の中で、「障害」児・者が共に生き、学び、育ち、それぞれが尊重され、誰もが、幸せを感じイキイキ活動できる地域になることを目指し活動して行(生)きます。

チャレンジ

育てにくい赤ちゃん・・・これって何ですか?

赤ちゃんが育てにくい・・・ そう感じるには・・・個人差がありますよね でも 初めての赤ちゃんでも 「育てにくい」と思うのは・・・ きっとそれなりの理由があるはずですよね・・・ 本来・・・赤ちゃんって手がかかるものだし 泣いて訴えるのが当たり前・・…

何だか他の子と違うかも??~赤ちゃんの子育てに不安を感じたら~

赤ちゃんが生まれて 赤ちゃんと向き合う日々はどうですか? 自分の体から生れ出た命・・・ その命と向き合いながら・・・ 日々の子どもの成長に 一喜一憂しているのでは ないでしょうか? 特に初めての子どもは・・・ 神経をビンビンに張った状態で 子育てを…

「障害」児が産まれた・・・どうしよう・・・

妊娠出産ってホントに女性にとって 大きな仕事ですよね・・・ それも産まれて・・・すぐ・・・「障害」 なんて知ってしまうと・・・ ただでさえ・・・心身共に疲れているのに・・・ 体も回復しないうちから 今度は自分の体の回復どころか・・・ 「障害」児の…

アニメ動画【ピングー】を観ながら

最近 娘(しょうがい者)の観ているテレビを 観ている姿を見て・・・ んーーーなにがどう楽しいのか? これって小さなころから 案外ずーーーと彼女の中では定番・・・ この動画アニメが どうゆう風に彼女に伝わっているのかなーーー なんて不思議に思ってみて…

配慮ある多様性に向けて 2

昨日から・・・多様性について触れる中で 私たちがいあm直面している課題の多くは 多様性の側面に由来している。のでは?と感じる。 若い人達の多様性の処し方がある意味それを象徴している。 今の大学生くらいは、ずっと 『みんなちがって、みんないい』 …

配慮ある多様性に向けて 1

配慮ある多様性に向けて・・・ 2020年の幕開けに思う・・・ そんな記事・・・ 時代の課題として・・・ 「配慮=インクルージョン」 と書いていた。 令和の時代的課題として 「インクルージョン」 一般にはなじみのない言葉だと思うが 筆者はこれを【配慮…

男女平等また後退~日本の現状~

今年はオリンピックイヤーでもあり・・・ 様々な変動の年ともいわれている・・・ いろんなことが注目され 何かを早く察知し 動く人たちは早くから この時代の先読みをして動いている・・・ そんな中・・・ 日本の「後退」の記事を また目にしてしまった・・…

教育と福祉の連携 2

先日も書きましたが・・・ 教育と福祉の連携・・・から 「一緒にやろうよ」へ・・・ って昨日から・・・ 学校の先生が投稿しているのであろう? 記事を読みながら・・・なかみを考えています。 昨日の続きを読んでいくと・・・ 支援の世界は面白くて・・・ …

教育と福祉の連携 1

教育と福祉の連携が必要って人は言うけど・・・ って投稿を読んでいた。 学校の先生なのかな? 学校は子どもにまつわる悲しい出来事の種を見つけ それを防ぐことのできる格好の場所 けれど学校には家族支援の機能はありません。 本来学校は、子どもに教え育…

ハイリーセンシティブ「チャイルド」「パーソン」

「ハイリーセンシティブチャイルド」 「ハイリーセンシティブパーソン」 って言葉を聞いたことがあるでしょうか?? これは・・・ 「人一倍敏感な子ども」 という意味・・・ 感受性が豊か、他人の気持ちによく気が付く 一方で・・ 周囲の刺激に敏感で傷つき…

発達障害のある子どもの【偏食】の実態は??

発達障害のある子どもの【偏食】 その実態と解消へのヒント と書かれてあった・・・ そう発達障がいのお子さんのご家庭では・・・ 悩んでおられる方も多いのではないでしょうか? でもそれは・・・ 単なる「偏食」「わがまま」なのか? 「障害」ゆえの食べた…

2019年福祉を振り返って~ 障害者福祉の課題と展望~4

2020年になって・・・ 昨年度の記事の見直していると月日の流れの 速さと人の関心の移り変わりの速さを感じる。 2019年福祉を振り返って障害者福祉の課題と展望と題し 日本障害者協議会代表の藤井克徳さんと振り返りと共に2020年に何が注目されるに…

2019年福祉を振り返って~ 障害者福祉の課題と展望~3

2019年福祉を振り返って障害者福祉の課題と展望と題し 日本障害者協議会代表の藤井克徳さんと振り返りと共に2020年に何が注目されるにか?課題を考えるとあった・・・ 今日は、このことに関しての3日目 4つの課題のうちの3つ目・・・ 重度障害のある…

2019年福祉を振り返って~ 障害者福祉の課題と展望~2

2019年福祉を振り返って障害者福祉の課題と展望と題し 日本障害者協議会代表の藤井克徳さんと振り返りと共に2020年に何が注目されるにか?課題を考えるとあった・・・ 昨日は、旧優生保護法による様々な地域での さまざまな判例や上告が始まる話題につい…

2019年福祉を振り返って~ 障害者福祉の課題と展望~1

2019年福祉を振り返って 障害者福祉の課題と展望と題し NHkハートネットで取り上げられたらしい。 私は・・・テレビをほとんど観ないので (どうしてもメディア情報が イマイチとり入れが遅い・・・) 知らなかった・・・が・・・ 日本障害者協議会代表…

「いいんだよ」は魔法の言葉 ~君は君のままでいい~

「障害」者の私の1番上の子どもの高校の校長先生が 本を出版された。 彼女の受験時、入学時は・・・ まだ【教頭】先生だった。 立花高校・・・ 現在は・・・不登校の子どもたちの また、さまざまな課題を抱え苦しみながら 公教育機関を卒業してきた子達の学…

4つの勇気を極めたら・・・???

4つの勇気・・・ そんなことが書いてあった。 新年になかなか・・・いいんじゃあない?? 簡単に簡潔に書いてあるんだけど・・・ だからこそ・・・深い・・・ 第1「一歩踏み出す勇気」 第2「嫌われる勇気」 第3「今までのやり方を捨てる勇気」 そして一番大…

障害者の「暮らす」をサポートする 2

「障害」者の「暮らす」をサポートする そんなことを今年は自分自身、自分の生活の中で 割と中心に、ど真ん中に据えながら生活してきた。 何が足りないのか?制度で埋められないものとは? 今の私には何ができるだろう? ℕpоの活動を進めながら 子ども達とか…

障害者の「暮らす」をサポートする 1

一般社団法人ル・ミストラル そこの記事が目に入ったのは・・・ 私が娘に残したい 「豊かな人生」「豊かな生活」 が・・・そこにあったから・・・ 私が本来、目指している 欲しいと思っている【グループホーム】の在り方・・・ (私は制度ではない、シェアハ…

保育の未来~いま大きく変わる保育の質とは~3

保育の未来・・・世の中が変わると さまざまなものが変わるけど 変わってはいけないことや もっと人間として・・・しっかり やらなくてはいけないことが見えてくる・・・ 汐見稔幸さんの記事を読みながら 最後の部分に差し掛かり・・・ 見つめる目の大切さを…

保育の未来~いま大きく変わる保育の質とは~2

保育の未来・・・汐見稔幸さんの話は・・・ 人類が大切にしてきた3つのコト 1、体で覚えていくこと 2、みんなで考え、議論すること 3、他者と豊かにかかわること これを【鍛える場】が生活の中からどんどん減っている と書かれている。 では人間はどうす…

保育の未来~いま大きく変わる保育の質とは~1

2018年10年に1回の保育指針改定。 解説書は現行の1.75倍になった。 3法令の改定(保育所保育指針、幼稚園教育要領、 幼保連携型認定こども教育・保育要領) 2020年からの教育改革。 変化が目まぐるしい時代を幸せに生きるためには そんな力が子ども達に…

「徳を積む」~障害者の彼女の場合~

人間にとって大事なこととは、 学歴とかそんなものではない 他人から愛され、協力してもらえるような 徳を積むことではないだろうか そして、そういう人間を 育てようとする精神なのではないだろうか。 (本田 宗一郎) 人から良くうちの上の子(障害者)は 「こ…

障害者と関わるのは面倒??~外注ビジネス~2

昨日のブログの記者さんの話には・・・ マダマダ続きがあり・・・ 障害者雇用を雇用率を企業側が考えるときに 「支援する環境を整える余裕がない」 「障害者に向いていない業種もある」 「障害者がいると生産性が下がる」 雇用率を達成できていない企業には …

「発達障害」~見つめる目~

テレビ番組で独特なキャラクターの 「さかなくん」が出てきたとき・・・ ホントに早口で1つのことに一生懸命で・・・ そして・・・とことん“魚”に詳しくて・・・ 可愛らしく・・・どこか 見てるだけでユーモラスで・・・ 面白いなーーーって思ったものでし…

インクルーシブ教育を考える~カナダでは~2

カナダの場合、幼稚園から高校まで義務教育。 個人指導計画書は教育委員会で作成。 教育委員会には言語聴覚士、理学療法士、 作業療法士、ギフテッド専門カウンセラー、 発達障害専門支援カウンセラー、 ユースワーカー(生活面指導)が常駐、 各学校にスクー…

インクルーシブ教育を考える~カナダでは~1

最近、カナダのインクルーシブ教育の記事を 読んでいて 「なるほどーーー」 「ここに時間さいてないなーーー」 「ここの部分・・・全然やってないんじゃあない??」 なんて思うことが多々あった。 カナダがインクルーシブ教育を 大切にしている理由は 実際…

「障害」児が普通高校に行くときの覚悟

「障害」児が義務教育を卒業して進学を 普通高校に決めた場合・・・ どんな覚悟を決めて進路を決めていますか?? よく・・・相談されるのですが・・・ 1、まずは学校見学に行きましょう 見学にも行かなくて決めるのは無謀です。 親子だけでなく担任の先生…

「障害」児から「障害」者になる過程で大切なこと

ココのところ 「当事者研究」をされている熊谷晉一郎さんの 話を書いていて 自分の子どもが「障害」児~「障害」者 になる過程を思い起こしていた。 自分が「障害」児の親になって・・・ 迷って悩んで・・・ そして「差別」「不安」「恐怖」 みたいなことと…

失敗を許容する文化・・・

昨日の・・・続きだけど・・・ 東京大学准教授の熊谷晉一郎さんは 1人っ暮らしになってからの まず1つ目の課題は・・・排泄・・・ 『トイレ』の問題だったという。「障害」児・・・特に全介助の方の課題は・・・ 特にこの問題は外せないのではないか・・・ …