人気ブログランキング https://blog.with2.net/link/?1993112https://blog.with2.net/link/?1993112

福祉・介護ランキング
障がい者ランキング
障がい児育児ランキング
子育て支援ランキング 友だち追加

perfection of mind ~自心に究極の輝きを~

生まれ育った地域の中で、「障害」児・者が共に生き、学び、育ち、それぞれが尊重され、誰もが、幸せを感じイキイキ活動できる地域になることを目指し活動して行(生)きます。

「言葉にすること」は価値がある

自分の中で・・・

口に出したくないことって・・・

たくさんあるとは思うけど・・・

それって・・・口に出さなかったら・・・

心の中がおもー--いっまだと思う。

 

自分の中の「闇」みたいなもの・・・

それってたくさんあるけど・・・

特に重々しいもの・・・今の自分からは想像しにくく

程遠いもの・・・

別に今がいいから・・・それ言わなくてもいいんじゃあないの?

ってこと・・・

 

それってでもねー--

「吐き出す」ほうが「スッキリ」する。

おもりが体の中から減っていくのよねー--

 

最近、自分の歴史を振り返る中で・・・

自分ではわからなかったけど

語ってしまうと・・・

人に勇気を与えられるような「エピソード」が結構あるものだと

気づいた。

・・・というか・・・

人に話す中で気づかせてもらった・・・

 

「子ども産んだ時・・どんな気持ちだった?」

「「障害」児を産んでからの自分自身の変化は?」

「よくそのあと何人も生んだよね・・・出生前検診はしたの?」

「悲しかったことやつらかったことは?」

 

様々聞かれる中で・・・

 

「そんなん人のことどうでもいいやろ・・・」

「そんな過去体験聞いてどうなるん?」

「つらかったことや悲しかったことを思い出させたいわけ?」

 

なんて若いころは思っていた・・・

 

そして・・・ちょっと話すと

 

「すごいねー--」「立派やねー--」

「頑張ってるねー--」「強いねー--」「偉いねー--」

なんていわれて・・・

 

「・・・・・」って感じだったんだよねー--

 

言われるほど・・・やってない・・・というか

親だったらやるしかないことだし・・・やらないわけにはいかない

子どもの成長は待ったなしなんでねー--

 

そんな英雄のように言われることでもないし・・・

頑張ってるのは私ではなく・・・当の本人だから・・・

 

私の辛さや悲しさ、痛みよりも・・・何倍も何十倍も何百倍も

辛くて苦しいはず・・・

表現がうまくないだけで・・・ですねー--って感じで

なー-んか違和感だったんだよねー---

 

でも・・・ある時からわかったの・・・

 

「これって私が伝えていかなきゃ」って・・・

言葉にして表現して言っていかなければ・・・

分かってもらえる日は永遠に来ないし

何も変わらないんだって・・・

 

自分の気持ちも、本人が感じたであろうことも

体験したこと経験したこと・・・全部全部・・・言葉にしなければ

って思って・・・

 

こうやって「ブログ」にも残してきたけど・・・

読むってことだけではなく・・・

動画にしたり、講師としてお話に行ったり、講演したり

SNS投稿して広く発信したり

 

私の過去のどろどろした「差別性」「いじわる」「妬み」「嫉み」

「劣等感」「否定癖」「弱さ」諸々・・・

全部全部・・・「吐き出す」

 

そんなことも大事だなーーって思った。

 

そしてそれが「泣きました」「自分がちっぽっけに思えた」

「どうにかなるって思えた」「自分の家族と重なった」

「壮絶な経験をされているからこそ強さがある」

 

なんていわれて・・・

「過去の黒歴史も結構・・・役立つし、人様のためにもなるのかも」

って思えてきた。

 

自分の経験や体験って・・・思った以上に「価値がある」

かもしれませんよー--