perfection of mind ~自心に究極の輝きを~

生まれ育った地域の中で、「障害」児・者が共に生き、学び、育ち、それぞれが尊重され、誰もが、幸せを感じイキイキ活動できる地域になることを目指し活動して行(生)きます。

虐待~子どもの命を守るということ~

f:id:variouspeople:20190807204320j:plain


2017年に虐待を受け死亡した子どもは65人

このうち13人は心中

それ以外の52人

両親やそれ以外の大人から虐待を受け死亡した。

52人の内訳は0歳児28人

 

その中で

 

14人は生まれたその日に

亡くなっている。

 

この傾向は例年同様変わらない数字のようだ・・・

 

「遺棄」「予期せぬ妊娠」

が生まれてすぐの理由

 

虐待死に至った理由は

「保護を怠った」

「泣き止まないことに

      いら立った」

 

2007年から2016年度の虐待死事例

心中と0歳児を除く381人のケースを確認で

 

転居経験があるのは

      39.4%

 

この子どもが同居する家族は「実父母」

最も多く

「ひとり親」「内縁関係」

と続く。

 

おもな虐待者は「実母」「実父」「母親の交際相手」

の順。

 

母親の40%が

「10代での妊娠・出産を経験の実母」

 

地域との接触は「ほとんどない」と答えた人は

転居経験のない人に比べて虐待傾向が高い傾向。

転居後、孤独に耐えられず、子どもに矛先が向かう

傾向があることも分かった。

 

昨年度全国212の児童相談所が児童虐待相談として

対応した件数は15万9850件

 

1990年以降

2万6000件増える結果。

 

子どもの前で配偶者に暴力をふるう面前DVなど

 

心理的虐待は

1万6000件増えた

 

札幌市の池田詩織ちゃんの事件は児童相談所から

虐待の通告を受けてから原則48時間以内に

安全確認する【48時間ルール】が守られていなかった。

この件は、国や地方自治体で大きな課題と大変な議論を

巻き起こした。

 

数字だけ見ても・・・どれも大変なこと・・

でも・・・母親になった人ならわかる・・・

 

「泣き止まないことに

      いら立った」

 

f:id:variouspeople:20190807204446j:plain


私も・・・夜泣きが収まらない日が続いたとき・・・

 

「こっちが

    泣きたいよ・・・」

 

って何度も思ったし・・・

(結局は中耳炎だったのだけど・・・可哀そうに・・・)

友達なんて泣き止まないから布団を高く積み上げて

そこに子どもを(6か月くらいのとき)投げた・・・

夫がびっくりして抱き上げてた・・・なんて

ことも聴いたし・・・

それくらい疲弊しちゃう・・・

ある時から・・・

 

「寝てるときに一緒に

 寝ちゃえばいいや・・・」

 

ってなって・・・楽になったりして・・・

 

また10代でもちゃーーーんと立派にお母さんしてる人も

望んで妊娠した人もいるけど・・・

 

やはり・・・思いがけず・・・成り行き・・・

みたいなことで妊娠しちゃうと“離婚率”も高く

よって“ひとり親”になって“内縁関係”“交際相手”が

できーーー

みたいなことになったりすることも多い。

 

また・・・

みーーんな遊んでる時期で・・・

子育てへの意欲が減退したり・・・

おろそかになり遊びに参加・・・みたいなことも

あって・・

やはり・・・周りに“フォロー”する人がいないと

とても危ういなーーーと感じる。

人間の赤ちゃんの“命”ははかない・・・

他の動物は・・・次の日から立って歩いて動いて

随分“自立”しているけど・・・

人間はそうはいかない・・・

 

周りにこんな数字が横たわっていること・・・

こんな現状が自分達の県や地域でもあっていること

ホントに胸に深く刻みながら・・・

 

できない人には、できる人がフォローできる体制づくり

地域での“相互支援”を地域議題にみーーんなで

(学校教育も含め)

していかないといけないなーーーと思う。