perfection of mind ~自心に究極の輝きを~

生まれ育った地域の中で、「障害」児・者が共に生き、学び、育ち、それぞれが尊重され、誰もが、幸せを感じイキイキ活動できる地域になることを目指し活動して行(生)きます。

子どもに「生きていること自体が辛い」といわせてしまうこと

f:id:variouspeople:20190602223035j:plain

昨日に引き続き・・・

 

「生きていることが辛い」

   学校へ行きたくない

     中学生にラインで調査・・・

とあった・・・

 

昨年度、不登校など学校へ行きたくなかった中学生1968人に

NHkがラインを通してアンケートを実施したらしい・・・

(NHkもラインを使う時代なんだなーーー)

 

アンケートのうち22%およそ5人に1人が

家にも学校にも居場所がない

『よく感じている』と回答している。

 

昨年度の1年間であなたが

      1番辛かったことは?

 

 

『生きていること』

 

『生まれたこと』

 

『生きていること自体が1番の苦痛』

 

 

という表現は多少違うが85件中7件。が

生きていること自体が辛いと回答があった。

 

『家にも学校にも居場所がない』という子どもは

「心のホームレス状態にある」と指摘されてきた。

『心のホームレス』という言葉自体は

元ホームレスの方で「ビッグイシュー」の販売員が使用されていた

言葉だとか・・・

 

ホーム= 心の居場所と定義し

      心を休める場所がないこと

 

『心のホームレス』と言う。

孤立感と絶望感が深い状態だと・・・

 

アンケートには

『家には居場所がなくて、学校へ行っても楽しくなくて、

先生が怖くて

空気が怖くて、それで逃げるしかなくてネットで知り合った優しい

男性に身をゆだねてしまった』

 

そもそもなぜ??

  子ども達は学校と家で居場所を

           失ったのか・・

 

学校へ行きたくない理由として

いじめ、人間関係を挙げる方が多くいえでの居場所を失った背景は

アンケートでは明らかにならなかった。

けれど、取材では3つのケースを良く聴いたそう・・・

 

1、親の暴言、暴力で

  家にいること自体の恐怖を感じる。

2、学業に対する親の期待に苦しむケース

3、不登校が許されずに

     家から居場所が奪われる

 

 

アンケートの中には皆勤賞をとりながらも・・・

家にも学校にも居場所がないと答えた生徒もいたそう・・・

彼女は1番辛かったこと「生きていること」

1番楽しかったこと  「ない」  と回答している。

学校へ登校しつつも苦しむ子は

 

「仮面不登校」とも呼ばれている。

 

では・・・どうやったら心のホームレス状態は解消できるのか?

それは、やはり

本人のホーム(本人の居場所)を獲得するしかない・・・

 

父からの暴力で居場所が奪われた子が担任教師の優しさに

より心の平穏を取り戻したケース

 

親が不登校を受け入れてくれて家に「居場所」ができた。

 

家にも学校にも居場所がなかったが弁護士と出会い、

子ども用のシェルターで「やっと安心できた」

 

学校、祖父母、親戚の家、フリースクール、地域のコミュニティ

どこかに子ども本人が安心、安全、心の平穏を感じる場が必要。

 

本人が否定されず温かく迎え入れられる場、それは「甘える環境」

をつくることではない。

 

ホームは誰にとっても必要な

      「生きるための土台」

 

土台がなければ、人はどこまでも危険な状態で揺らいでしまう。

その子にとってのホームがあるか・・・

その本質に目を向けていくことが必要・・・

と締めくくっていた・・・

 

f:id:variouspeople:20190602223159j:plain


『生きるための土台』

 

子どもにとって・・・この土台は・・・

どっしり大きくて、ぐらつきのない

安心できるところでないといけない。

 

きっと・・・それが・・・今求められるものが

多様化しているのかなあ・・・

 

娘の友達で・・中学校のときからしょっちゅう家出する子がいた。

話をきくと・・・家には本人が望む『居場所がない』なあ

と感じていた。

 

何回も

 

『女の子がどこでも

行ってしまうのは危険・・・

なんかあったら必ずうちにおいで・・・』

 

と言って・・・

何回か・・・うちに長ーーーい間、

何度もきて泊まってなんてこともあったなーーーー

外に出ては・・・人の偽善の優しさに騙されて・・・

身をゆだねる・・・なんてこともあっていた・・・

 

子どもをだますのは簡単・・・

それがわからないから・・・

 

【怖い、心配・・・】

 

そして・・・こんなことを繰り返していると・・・

いつか・・・

 

「生きていること自体が辛い」

 

なんてことになるのではないかと思う。

 

出会う人によって・・・人生は大きく変わると思う。

子ども達に・・・間違った出会いではなく・・・

良い出会いを・・・

 

本人が安心して温かいと感じられる場・・・地域ができ

大きな土台で子ども達を支えていかなければ・・・

 

まだ・・・子どもなのに・・・

これからなのに

 

「生きていること自体が辛い」

「楽しいことなんてない」

 

なんて・・・そんな悲しい言葉が・・・

辛い・・・辛すぎる・・・

 

子ども達の口からきくことがないような社会に地域に

しなくてはいけない!!!

 

昨日から・・・子ども達の辛い話ばかり

目に飛び込んで・・・

ホントに・・・悲しすぎる・・・(´;ω;`)ウッ…